ニュースNEWS

23年度介護給付費の概況について

2012年08月11日

 厚生労働省から7月26日、「23年度介護給付費実態調査の概況」が公表された。
ついに、実年間受給者が500万人を突破したことになる。以下にそれらのポイント数値について抜粋して紹介したい。

◆年間実受給者数
○5173.8(千人) +245.6 (千人) 
・介護予防サービス  1273.1 (千人)   +54.0 (千人)
・介護サービス    4201.0          +185.2
   居宅サービス  3151.0          +164.1
   居宅支援    2904.1          +135.7
   地域密着型          400.5           +42.0
   施設サービス      1135.4           +26.7

◆受給者の要介護度の変化割合


軽度化

維 持

重度化

要支援1

-

67.8%

32.2%

要支援2

10.8%

67.6.6

21.6

要介護1

5.0

66.9

28.1

要介護2

9.4

69.2

21.4

要介護3

10.9

68.8

20.3

要介護4

11.0

74.0

15.0

要介護5

8.1

91.9

-


◆認定者における受給者割合、及び男女比(24年4月審査分 単位 千人)

 

  

受給者割合

男女構成

総数

5436.3

4387.8

100%

80.7

1666.5

1286.9

29.3

77.2

3770.0

3101.0

70.7

82.3

  *年間の合計実受給者と単月で見た受給者数は当然異なることになります。

(参考資料:厚生労働省)