ニュースNEWS

  • HOME 
  • ▶ ニュース
  • ▶ 都道府県別生命表(平成22年度)の概況について

都道府県別生命表(平成22年度)の概況について

2013年03月13日

 平成25年2月28日、厚生労働省から平成22年度都道府県別生命表の概況が公表された。
生命表とは、ある人口集団の死亡状況が今後変化しないと仮定したときに、各年齢の者が死亡する確率や平均してあと何年生きられるかという期待値などを死亡率や平均余命などの指標によって表したものである。0歳の平均余命である「平均寿命」は、ある人口集団の全ての年齢の死亡状況を集約したものとなっており、保健福祉水準を総合的に示す指標として広く活用されている。
 都道府県別生命表は、人口動態統計調査及び国勢調査のデータを用いて、5年ごとに作成しており、昭和40 年(1965 年)より通算して今回が10 回目となる。 公表された概況についてポイントをピックアップして紹介する。

 平均寿命(0才の平均余命)は全国の男性で79.59才、女性で86.35才となっている。都道府県別に見ると男女とも長野県が1位である。長野、熊本は男女ともに上位だが、女性で5位以内の島根、沖縄、新潟は、男性については各々、26、30、27位と男女差があるのが興味深い。

       表1 都道府県別平均寿命

                      (単位:年)

順位

都道府県

平均寿命

都道府県

平均寿命

...

全 国

79.59

全 国

86.35

 

 

 

 

 

 1

長 野

80.88

長 野

87.18

 2

滋 賀

80.58

島 根

87.07

 3

福 井

80.47

沖 縄

87.02

 4

熊 本

80.29

熊 本

86.98

 5

神奈川

80.25

新 潟

86.96

 6

京 都

80.21

広 島

86.94

 7

奈 良

80.14

福 井

86.94

 8

大 分

80.06

岡 山

86.93

 9

山 形

79.97

大 分

86.91

10

静 岡

79.95

富 山

86.75

11

岐 阜

79.92

石 川

86.75

12

広 島

79.91

滋 賀

86.69

13

千 葉

79.88

山 梨

86.65

14

東 京

79.82

京 都

86.65

15

岡 山

79.77

神奈川

86.63

16

香 川

79.73

宮 崎

86.61

17

愛 知

79.71

奈 良

86.60

18

石 川

79.71

佐 賀

86.58

19

富 山

79.71

愛 媛

86.54

20

宮 崎

79.70

福 岡

86.48

21

三 重

79.68

高 知

86.47

22

宮 城

79.65

東 京

86.39

23

埼 玉

79.62

宮 城

86.39

24

兵 庫

79.59

香 川

86.34

25

山 梨

79.54

北海道

86.30

26

島 根

79.51

長 崎

86.30

27

新 潟

79.47

鹿児島

86.28

28

徳 島

79.44

山 形

86.28

29

群 馬

79.40

岐 阜

86.26

30

沖 縄

79.40

三 重

86.25

31

福 岡

79.30

愛 知

86.22

32

佐 賀

79.28

静 岡

86.22

33

鹿児島

79.21

徳 島

86.21

34

北海道

79.17

千 葉

86.20

35

愛 媛

79.13

兵 庫

86.14

36

茨 城

79.09

鳥 取

86.08

37

和歌山

79.07

山 口

86.07

38

栃 木

79.06

福 島

86.05

39

山 口

79.03

秋 田

85.93

40

鳥 取

79.01

大 阪

85.93

41

大 阪

78.99

群 馬

85.91

42

高 知

78.91

埼 玉

85.88

43

長 崎

78.88

岩 手

85.86

44

福 島

78.84

茨 城

85.83

45

岩 手

78.53

和歌山

85.69

46

秋 田

78.22

栃 木

85.66

47

青 森

77.28

青 森

85.34

 別の指標である「平成17年度から22年度までの平均寿命の伸び」を見ると、最新の平均寿命の順位とはまったく上位の顔ぶれは変わる。
・男性 1位 山形 2位 徳島 3位 鹿児島 4位 和歌山 5位 大分
・女性 1位 愛媛 2位 大分 3位 愛知 4位 奈良 5位 秋田
ちなみに、全国計の死亡原因の順位は以下の通りである。
都道府県ごとに際立った違いはみられない。
・男性 1位 悪性新生物  2位 心疾患  3位 肺炎  4位 脳血管疾患
・女性 1位 悪性新生物  2位 心疾患  3位 脳血管疾患  4位 肺炎

(参考資料:厚生労働省)