ニュースNEWS

  • HOME 
  • ▶ ニュース
  • ▶ 郵便局が「みまもりサービス」を試行実施

郵便局が「みまもりサービス」を試行実施

2013年09月10日

 8月26日、日本郵便は、必要な行政手続を経た上で、2013年10月1日から全国6エリア・103の局において、「郵便局の みまもりサービス」を試行実施することを公表した。
 当該サービスは、郵便局社員がお客さま宅を訪問、生活状況を確認し、その結果をあらかじめ顧客が指定した報告先にお知らせするものです。また、サービスの一環として、生活全般に関する24時間電話相談、かんぽの宿の宿泊割引、会報誌の発行を通じて、顧客の暮らしをサポートしていく としている。以下、公表資料から抜粋してそのまま紹介する。

1.基本サービスの概要
○生活状況の確認
お客さまを訪問または郵便局等での食事会等へ招待し、生活状況を確認し、遠方のご家族等(指定の報告先)に報告します。【月1回】
○24時間電話相談
健康、医療機関の紹介、栄養、メンタルヘルス等、日常生活に関するあらゆる悩みや困りごとの相談に、コールセンターでお答えします。
○かんぽの宿の宿泊割引
全国のかんぽの宿及びかんぽの郷を利用する場合に、宿泊1泊につき宿泊料から1名当たり500円が割引されます。利用者に加え、同伴者3名まで利用可能です。
○会報誌の発行
四半期に1 回程度会報誌を発行します。

2.基本サービス料金
  1,000円/月(税別)

3.会員向けオプションサービス(利用料金または実費が必要)
○電話による毎日の体調確認
毎日指定の時間帯に利用者宅宛てに電話(オートコール)をかけ、自分の健康状態にあった番号を
押していただくことにより、体調を確認します。確認した結果は指定の報告先へメールで
報告します。
○血液検査キットの案内
健康管理・維持・改善等を目的として、自宅で簡単に健康状態をチェックできる血液検査
キットを会員特別価格で紹介します。
○常備薬等の案内
家庭用常備薬を会員特別価格で紹介します。
○買い物支援サービス
小売店等とお客さまとの間をつなぐ買い物支援サービス。会員宅に小売店の商品を設置し、必要分を利用してもらい、商品補充・料金徴収(決済)等を実施します。【一部地域で実施】

4.実施エリア・時期
北海道、宮城県、山梨県、石川県、岡山県、長崎県内の計103局で、10月1日より実施予定

(参考資料:日本郵便プレス発表資料)