ニュースNEWS

介護保険の給付実態について

2013年11月13日

10月22日、厚生労働省は、介護給付費実態調査(8月審査分)を公表した。以下、公表資料から主な数字を抜粋・整理して、介護給付の現状を紹介する。

1.介護サービス受給者について(8月審査分) *居宅介護支援を除く

総数

  387.4万人

  

  居宅サービス

  262.5万人

 67.8 %

  地域密着型サービス

    35.1万人

  9.0 %

  施設サービス

    89.8万人

 23.2 %

2. 介護サービス受給者 性別分布について(8月審査分) 

総数

  463.5万人

  

  男 性

  140.4万人

 30.3 %

  女 性

  333.1万人

 69.7 %

3. 介護サービス受給者 要介護度別分布について(8月審査分) 

要支援 1

要支援 2

要介護 1

要介護 2

要介護 3

要介護 4

要介護 5

  9.7 %

 12.0 %

 18.8 %

 19.5 %

 15.0 %

 13.7 %

  11.3 %

4.一人当たり給付費

全体平均

  19.3 万円

  居宅サービス

  12.7 万円

  地域密着型サービス

  23.1 万円

  施設サービス

  29.7 万円

*ホテルコストを自己負担する以前(制度改定前)では、居宅と施設の対比は1:4に近かったことから、居宅と施設のコスト差が大分縮まったことが伺える。現状では2:5となっている。

 

(参考資料:厚生労働省)